ニンテンドー Switchの修理

NintendoSwitch  Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)は2017年3月に任天堂から発売されたゲーム機です。今なお品薄状態が続き、定価で手に入れるのが困難な状況です。

 しかし残念ながら、よく故障しやすいゲーム機とも言われております。しかもどこか特定の場所のみがよく壊れるといったことではなく、全体的にどの部位でもまんべんなく故障しやすいというやっかいな性質もあわせ持っています。



症状 価格 修理時間
ガラス割れ・タッチ不良修理 7,500円(税込み) 約60分
液晶表示不良の修理 10,500円(税込み) 約60分
microSDカードスロット 7,500円(税込み) 約60分
ゲームカセットトレイ 9,500円(税込み) 約60分
イヤホンジャック 9,500円(税込み) 約60分
スピーカー 7,800円(税込み) 約60分
冷却ファン 7,500円(税込み) 約60分
本体バッテリー 7,500円(税込み) 約60分
ジョイコンアナログスティック 2,100円(税込み) 約60分
ジョイコンボタン 3,200円(税込み) 約60分
ジョイコンレール修理 6,200円(税込み) 約60分
その他部品 要ご相談
症状 初期調査費 成功報酬 修理期間
充電できない・ドック交換 4,800円
(税込み)
12,000円
(税込み)
3日~7日
充電できない・基板修理 4,800円
(税込み)
14,000円
(税込み)
電源が入らない 4,800円
(税込み)
21,000円
(税込み)
基板エラー吐き出し 4,800円
(税込み)
18,800円
(税込み)
ブルースクリーン 4,800円
(税込み)
14,000円
(税込み)
水没 5,800円
(税込み)
21,000円
(税込み)
  • 修理を予約する