【iPhoneXR】背面ガラス交換修理

2019-12-12.png

iPhoneXRのバックガラス割れの修理。

修理方法として、割れたガラスそのものを交換修理するのではなく、中身の部品をすべて取り除いた、状態の非常に良好な中古フレームにお客様のiPhoneの中身の部品をごっそり移植します。

(受付時にどのようなフレームを実際に使用するか、お客様に確認していただきます)


なぜそういう手法かと言いますと、

① 割れたガラスを取り除く際に本体に衝撃が加わり、基板にダメージを与える恐れがあるため

② 仕上がり具合を一定させるのが難しい(特にリアカメラ周り)

③ 交換するガラスに新品を使用する場合、Appleのロゴ(リンゴマーク)なしにせざるを得ない
(ロゴ付きだとAppleの商標権に抵触する恐れがあるため)


最後の③については、せっかく修理したいのにリンゴマーク無しなのかよ、と思われるかも知れません。

また、一般の方にはこうした問題はあまりなじみがないかも知れません。

しかし、過去にリンゴマーク付きの新品商品を用いていた修理店が
検挙されたという事件が実際にありましたので、
見過ごせない問題なのです。

こうした問題に対して

「中古のフレームを販売し、
そのフレームに元のiPhoneから部品を
移し替えるのをご依頼していただく」

という形式でお答えいたします。


また、当店は古物商の許可店でもあります。
(東京都公安委員会 第308921905134号)


さらに、全部品の移植ともなるとそれなりの技量が必須ですが、
十分に経験豊富な作業員が作業しますのでご安心ください。

修理後は全く違和感のない
新品同然の仕上がりでお返しいたします!

iPhoneXRの修理料金はこちらから

  • 修理を予約する
  • 買取を依頼する