【Apple Watch】Series6・40mm ガラス割れ修理(埼玉県川口市から郵送修理)

  • IMG_4497.jpg
  • IMG_4495.jpg
Series6・40mm ガラス割れの修理です。

本来はお客様に修理前の準備として
万一のことを想定してペアリングの解除をお願いしています。

修理が無事に済みさえすれば
ペアリング解除していなくてもまったく問題ありません。

ただ、例えばもし修理中に液晶が破損してしまった場合、
当店で別の新しい画面を用意してそれを使用することになります。

するとApple Payの登録やペアリングがそのままの状態で画面を交換すると
Apple Payの決済がうまくいかなかったり
追加登録できなくなる恐れが出てくるようです。

そうした理由で万が一のために
皆様に準備としてお願いしていることなのですが
今回は解除無しの状態で郵送されてきてしまいました。

そういうこともあります。。

なので、このような状態でも修理できないことはないのですが
解除したことによって起こる何らかの不具合については
ご容赦いただくことにさせていただいております。

詳しくは免責事項をご確認ください。

  • IMG_4498.jpg
  • IMG_4496.jpg
さてさて、いきなり前置きが長くなってしまいましたが

今回は特別にペアリングの解除無しで修理を進めていきます。

亀裂の入り具合、
タッチ感度の具合、
また表示ににじみなど問題がないかどうか確認します。

IMG_4499.jpg

開きました。
これまでのSeriesの縦開きと異なり、
Series6からは横開きとなっているので注意が必要です。

IMG_4500.jpg
開いた状態で画面表示に問題がないか、
タッチに問題がないか確認して
大丈夫だったら第一段階の開くところは成功です!

IMG_4501.jpg

  • IMG_4508.jpg
  • IMG_4509.jpg

本体からケーブルを外し、完全に分離させます。

ここから先のガラスの除去・貼り替え作業は
既存のSeriesと変わりありません。

IMG_4510.jpg
破損したガラスのみを剥がしました。

ここの工程が最も難しく、非常に重要なコツや技術を要します。
大げさでなく、コンマ何ミリのミスが即命取りとなります。

実は、YouTubeなどを見ていると
この部分のやり方の動画がたくさん出てきます。

しかしそこに出ているやり方をそのまま真似しようとしても
大体うまくいかない場合が多いです。

本当にそのやり方でうまく行ってるの?
それ、成功率どれくらい?

と聞きたくなるような動画が多いように感じられます。

ではなぜ当店では可能なのか?
という理由ですが、

独自の工夫を複数開発し使用することで
失敗率を数%以内に抑え込むことに成功できているからです。

いろんな動画がUPされていますが
ひょっとすると、肝心な部分はみなさん映していないだけなのかも知れません。
というかその可能性が高い気がします。邪推ですが。。

そしてそれらの動画を鵜呑みにして作業するとかなりの確率で失敗すると思います・・・

IMG_4511.jpg
取り切れなくて残ったガラス片と
接着のべたべたをキレイにしていきます。

  • IMG_4513.jpg
  • IMG_4515.jpg

  • IMG_4516.jpg
  • IMG_4517.jpg

いわゆる剥きたてゆで卵肌状態です。
かなりキレイになったと思いきや、2箇所ほど注意点がありました。

IMG_4515re.jpg
この赤丸の部分。。

これはガラス除去時の失敗ではなく、
ガラスの割れ目の下にすでについてしまっていたキズが
破片を除去して出てきたものです。

元々の状態と見比べてみましょう。

IMG_4497s.jpg
赤丸の部分、放射状に広がった亀裂の中心部と
広がった亀裂の先の部分のガラス破片の下に
それぞれキズが潜んでいました。

こうした亀裂が集中している箇所にはよくあることです。

しかし本サービスはあくまで割れたガラスの貼り替えです。

液晶画面(本当は有機ELですが便宜上液晶と呼んでいます)に
ついてしまったキズを除去するものではありません。

ただ!

このくらいの程度のキズであれば
ガラスを貼り替えてみるとかなり目立たなくなるものです。

IMG_4518.jpg
IMG_4519.jpg
IMG_4520.jpg
新しいガラスを貼り替えた直後。
IMG_4524.jpg
IMG_4535.jpg
そしていよいよ本体と接続し、実際に画面を起動させてみました。

こうしてみると先程のキズがほとんどわかりません。
また、使用はまったく問題なくできます。

  • IMG_4537.jpg
  • IMG_4538.jpg
  • IMG_4539.jpg
  • IMG_4540.jpg

どうでしょうか?
こうして見てみると光の当て方で
見えたり見えなかったりします。

覗き込むようにして見ないと見えませんし
遠目からほとんど判別できません。

ガラスの貼り替えのみの修理とはいえ、
このくらいのレベルにまで直すことは可能ということです。

どうしても新品のようでなければイヤだ!!
というこだわりをお持ちの方には向いていないかも知れませんが、

実用するのに問題なく、
パッと見はほとんどわからないくらいに修理したい。

そして正規の修理価格は高すぎる。笑
という方にはオススメです!


さて今回のシリーズ6の場合の修理費用です。(2021年10月現在)

・36,980円(Apple正規修理費) ー 24,800円(当店修理費) = 12,180円(価格差)
(注:2021年10月25日に24,800円 → 21,800円に価格改定しました)

今回は、郵送で当店に到着した翌日の夕方くらいまでに
9割くらい作業は終わっていたのですが
その日の配送業者様の集荷の時間にギリギリ間に合わずその翌日の発送となりました。
つまり到着してから2日後の発送となりました。

Apple Watch:画面割れ修理【格安・全国郵送可】 :説明ページへ

  • 修理を予約する